少しでも慢性蓄膿を治したい方への情報サイト

>

鼻水ずるずるを少しでもよくしたい!

この記事をシェアする

家でできる!克服対策

長く症状がある人はできるだけ家でできることを試したいですよね。
そんな人に、こんな克服方法がございます。

まず、頬骨プッシュです。
ヨガの1つと言われていますが、頬骨のところを押すだけでできる方法です。
それだけで鼻が刺激され、鼻づまりの解消に効く他に、顔の骨の歪みを矯正できるとも言われています。

もしくは、鼻うがいです。
これは一番聞く方法だと思います。
できるだけ真水よりも生理食塩水を使う方が、鼻にはいいです。
既存の鼻うがいの商品を購入してもいいですが、100円ショップで売っているものを代用して使うことも可能みたいです。

また簡単な方法として、鼻カイロです。
温かいタオルを鼻に乗せるだけのセルフケア方法です。
鼻にタオルを乗せるだけで血流が良くなり、鼻の通りが良くなります。
この方法は、花粉症などのアレルギー性鼻炎にも効果はあります。

ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

日常でできる予防

副鼻腔炎は、風邪をきっかけになってしまうことが多いです。
なので、予防の基本は、できるだけ風邪をひかないこと、また、ひいても長引かせないことが大事です。
特に鼻風邪には注意です。
できるだけ鼻水を鼻に溜めないようにして、鼻洗浄をして、いつも清潔にしておくことが大事です。

鼻の穴だけでなく、副鼻腔まで鼻水が溜まり、ひどい鼻づまりが続くようになると自分では除去しにくくなるので、耳鼻咽喉科で洗浄をしてもらうことをお勧めします。
放置してしまうと、鼻茸ができて完治するまでが長くなってしまいます。

特に注意して欲しいのが、アレルギー性鼻炎や花粉症の人は、副鼻腔炎を発症しやすい傾向があるので、早めに耳鼻科にかかるなどの対処を取ることをお勧めします。