慢性蓄膿の基本と治療方法

少しでも慢性蓄膿を治したい方への情報サイト

なってしまうと厄介!慢性蓄膿症

蓄膿症と一概に言っても、わからない人も多いはずです。 風邪と似たようなもので鼻風邪に近いと思うし、鼻水が臭って黄色くなったり、止まらなくなるのかな?という感じだと思います。 そんな蓄膿症の説明からお医者さんでの治療方法の一部をご紹介いたします。

鼻水ずるずるを少しでもよくしたい!

ずっとずるずるしている鼻水や鼻づまりを少しでもなんとかしたい! でも仕事や家事・育児などでそんなお医者さんに毎日毎日行けない…という方には必見です。 家で簡単にできる改善方法、そして、普段から気をつけたい予防方法など、今日からできことをご紹介いたします。

ちょっと違う?漢方での治し方

感覚的には普通の薬とはちょっと違う漢方を使っての治し方です。 「なんか普通の薬や市販薬よりもなんか効きそう…」と思われる漢方薬ですが、様々な種類があってよくわからない、と思いますよね。 そんな中から、蓄膿症に効果があるものをご紹介いたします。 かかりつけのお医者さんにご相談してみるのもアリかもです…。

慢性蓄膿って本当のところ、なんなの?

慢性蓄膿って、一度かかってしまうと治すまでに時間がかかり、厄介なものですよね。
症状を抑えるだけでも大変なのに、完治までを考えると、かなり長く感じます。

特に、大人になってからの慢性蓄膿症はとても治りづらく、辛いものです。
子供の場合、症状的にはあまり大人と変わりません。
ですが、子供の方が治りが早いと言いますよね。
実際その通りなんですが、子供は蓄膿症になっても、しっかり薬を飲んでいれば二週間程度で治ると言われています。
子供によって違うとは思われますが、大人とは違ってかなり短い期間で治ります。
大人の場合、風邪を一度ひくと長引いてしまったり、変にひどくなってしまうことが多くなります。
ですから、蓄膿症に限らず、風邪から派生する様々な病気にどうしてもかかりやすくなってしまいます。
ただ、蓄膿症は先ほども言いましたが、厄介なものでとても辛く、治すのがとても大変なものです。
完治しても、気をつけていないとどうしてもまた再発してしまう可能性があるのも現状です。

そんな蓄膿症にお悩みの方、または、これからを考えると少しでも知識があったほうが、と考える方必見です。
このサイトでは、そんな蓄膿症にターゲットを絞った内容をご説明させていただいております。
あまり詳しくは知られていない蓄膿症とはなんなのか、どういう症状になってしまうのかというところから、症状が出てしまった時の家でできる対処法からならないための予防、はたまた、通常のお薬で治す方法ではなく、漢方を使用しての治し方までご紹介いたします。